« 戻らぬ味 | トップページ | 毒書サイトのはずなのに »

2004年1月11日 (日曜日)

年末ジャンボ

ギャンブルというほどでもないが、毎週ロト6は購入しているし、ジャンボ宝くじも購入する。
去年の暮れにも、当然のことながら年末ジャンボ宝くじを購入した。

父と共同購入で枚数は50枚である。
私の場合新聞で一枚一枚当たりはずれを確認はしない。確認は宝くじ売り場の機械でまとめてしてもらう。噂によれば高額当選金が出た場合は機械からベルの音が聞こえるというのだが、一度も高額当選金を手にしたことのない私には真実かどうか確認には至っていない。

というわけで今回の当選金額は、4500円である。
10枚に一枚の300円と、3000円が一枚。最低の当選金額よりはましだが、やはり今年も年末ドリームジャンボは名前の通り、高額当選は夢と消えた。
夢が現実となる日はいつの日か。
前から、自分のサイト内でも公言しているとおり、1等が当たった日には理想の本屋か図書館を創る。って、まだ理想すらはっきりしてないのに、本屋、古本屋、図書館の私の理想というか考え方については、追々アップしていく予定です。
それにしても、毎回お金をすっているという点では、やはり宝くじも立派なギャンブルですよね。

この記事は『シークレット  GOMES THE HITMAN』を聴きながら書きました。(iPod1387曲からシャッフル中)

|

« 戻らぬ味 | トップページ | 毒書サイトのはずなのに »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134820

この記事へのトラックバック一覧です: 年末ジャンボ:

« 戻らぬ味 | トップページ | 毒書サイトのはずなのに »