« ダーシ?ダッシュ? | トップページ | 戻らぬ味 »

2004年1月 7日 (水曜日)

以心伝心

私の兄は新しいものが好きだ。
だから、携帯電話とかはすぐに新しい機種に替えたがる。

替えたがるのだが、それはもちろん懐具合の相談もあり、そうそうすぐに替えるわけにも行かず、何か他の理由があるときに機種変更ということになる。
最近多くあるのが、携帯電話の不良・故障によるついでの機種交換である。1年から2年の間でよく携帯電話が故障するのはやはり機種変更させたい携帯各社の陰謀だろうかとも思うのだが、やはり新しい機種の方が何かと便利になっていることもあり、故障したら機種変更というのが我が家の暗黙の了解となっている。
さて、現在携帯電話は、カメラ付き携帯電話から、携帯電話付カメラ電話へと変貌を始めている。なんといっても私が普段使っているデジカメと同程度の画素数が携帯電話でもあるのだから、おまけではなくこれはもはやデジカメの一機能に携帯電話が付いていると言わざるを得まい。
もちろん、この新機種への変更を待ち望んでいる兄であるが、まだ前の携帯電話に変更して一年未満であり、今回は我慢しているようだ。
と、昨日兄の携帯電話のディスプレイが壊れた。電話としては使用出来るが、携帯電話のメモリも見ることができず、実質電話をかけてこられるのはいいが、こちらからかけるのは難しい。
携帯電話が故障した、ということになれば、堂々と機種変更の機会が訪れた訳なのだが、これははたしてどう考えるべきなのだろうか。
・最近の携帯電話は壊れるのが早い。
・持ち主の意向を以心伝心でくみ取って携帯電話が壊れた
・機種変更を促進させる電話製造会社の陰謀
・日本の製造技術が落ちている証拠
・日本製といいつつ実は輸入物のパチモンだった

こんな世の中で、ものを大事に使って器物が妖怪に化ける話なんて絶対に生き残れませんよね。
といいつつ、ふと水木しげる記念館に行ってみたくなった今日この頃なのでした。

この記事は『幸せの時間  村下孝蔵』を聴きながら書きました。(iPod1377曲からシャッフル中)

|

« ダーシ?ダッシュ? | トップページ | 戻らぬ味 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134818

この記事へのトラックバック一覧です: 以心伝心:

« ダーシ?ダッシュ? | トップページ | 戻らぬ味 »