« 鰤アレルギー | トップページ | ダーシ?ダッシュ? »

2004年1月 5日 (月曜日)

酔っぱらいの屁理屈

年末に仕事上の酔っぱらいとつきあう時間と、年始に酔っぱらいの親戚たちとつきあう時間のどちらがましかと問われれば、それは後者になる。

やはり、目上の人とはいえ血のつながりもあり、自分の思ったことをある程度言ってもかまわないからという理由だけでなく、自分以外の人に相手を任せて逃げる自由があるからである。
しかし、仕事上の酔っぱらいの相手というのは逃げることは出来ない。ほっておくということは仕事を投げ出すというのと同義であり、それならば最初からつきあわない方がましだからだ。
で最近の酔っぱらいの気に入らないから見方として次の台詞がある。
「飲まない奴は本音を言わないから信用出来ない」
この意味合いとしては酔えば本音を言うが、酔わないと本音は出てこない。つまり、酔って本音を言いたくないから飲まない奴は本音を隠すために飲まないのだと言いたいわけである。酔っぱらいの理屈としては、酔うということはお互いが本音をぶつけ合え、心の垣根をなくす楽しい場だというのである。
が、そういうことを言う酔っぱらい達は決まって酔った場でとんでもなく失礼な暴言を平気で吐くのである。そして、酔いが醒めた後の言い訳も決まっている。
「酔っていたから何を言ったのか覚えていない。」
「酔った拍子で言ったことだから本気ではない。」
酔ったときに本音が出るというのは、大嘘だったのか、と思うし、それが本音だとしたらそんな奴とはつきあいたくない。
どちらにしても、酔っぱらいとは嫌な人たちだという結論に落ち着いてしまうのである。

この記事は『同窓会 村下孝蔵』を聴きながら書きました。(iPod1362曲からシャッフル中)

|

« 鰤アレルギー | トップページ | ダーシ?ダッシュ? »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134816

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っぱらいの屁理屈:

« 鰤アレルギー | トップページ | ダーシ?ダッシュ? »