« 巡り合わせ | トップページ | 吉野家牛丼最期の日のその時に… »

2004年2月12日 (木曜日)

吉野家 牛丼最期の日

2月11日。
日本全国で今日が吉野家で牛丼を食べれる最期の日となるようだとニュースでやっておりました。
それでも、数店舗では和牛で牛丼を提供する店があるようなので、私の地元広島でも地産地消ということで広島牛を使った牛丼を販売してくれればいいのにと思うわけです。

これまでアメリカ産牛肉でしたが、今後は地域密着牛丼というわけでその土地の牛を使った牛丼を提供する。
チェーン店でありながら各店舗味も値段も違うというまさに新たな吉野家として牛丼業界をリードしてもらいたいものですが、どうでしょうか。
最後の牛丼を求めて各店舗行列の並んだ店もあったそうですが、私もその一人として行こうと思っていました。が、仕事があるので断念。仕事を終えてから行こうと思ったのですが、その時間にはもうテレビのニュースで、売り切れ報道をやっていました。
一日も早い復活を願っております、が、そんな中、牛丼屋で牛丼が食えないとはどういう訳だということで店内で騒ぎを起こして逮捕されたというニュースまで入っていました。
おそらく日本史上始まって以来最も多くの人が牛丼を口にし、牛丼を食べた記念すべき日なのかもしれませんね。

この記事は『ready for love  GOMES THE HITMAN』を聴きながら書きました。(iPod1512曲からシャッフル中)

|

« 巡り合わせ | トップページ | 吉野家牛丼最期の日のその時に… »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134835

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家 牛丼最期の日:

« 巡り合わせ | トップページ | 吉野家牛丼最期の日のその時に… »