« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004年3月31日 (水曜日)

ダブル攻撃

腕の痛みに続き、風邪のダブル攻撃で、ダウン中です。

書きたいことはたくさんあるのに、気力が体力が持ちません。
風邪もだいぶ治まってきたので、明日には治って更新する予定です。
多分…

と書きつつ、この時は治りませんでしたね。
結局この時は後からわかったことですが、首のヘルニアの神経に直接響いて風邪のくしゃみが腕と首に響いてどうにもならないという状況でした。
今はだいぶマシになりましたが、それでもやはりヘルニアが治るまでは苦労しそうです。
今まで以上に風邪に気をつけねばなりません。

この記事は『天然色の化石 さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1386曲からシャッフル中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月30日 (火曜日)

ウィルスが来たぞ

昨日メールチェックをすると、ウィルスに感染したメールが7通も届きました。
そして、今日のメールでは5通も…

全て同じウィルスでした。
w32.skynet.p@mmという名前のウィルスです。
ノートンを入れていて助かりました。

続きを読む "ウィルスが来たぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月29日 (月曜日)

ぼやきまくり

以前HPサイトの名前を【ぼやきの楽園】としていたのですが、今は【毒書人の楽園】として運営しています。
名前を変えた理由は二つあります。

一つはそのサイトが知り合いにばれたため引っ越ししたので、新しいサイト名にしたということと、もう一つはぼやきよりも本のことが多いのでというのが理由です。
「王様の耳はロバの耳」という言葉を叫んだ穴が私にとってこのぼやきの雑文なのかもしれません。
日々気付いたことをあれこれ、気の向くままに書いていこうと思います。

ということは、実は日記サイトなのかと思わないでもありませんが、まぁ、気楽に暇つぶしとして楽しんで読んでもらえるものが書けたらいいなと思っています。
ココログプロこんなことで使いこなせるのかということはともかくとして、いろいろ書いていこうと思ってます。
どうぞよろしく。

この記事は『Bedtime Stories  大江千里』を聴きながら書きました。(iPod1376曲からシャッフル中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使用方法の変更

ココログプロにすると、一人で10個までblogのページを作成できる。
だが、10個も作成してなんになるというのだろう、というか一人で10個もの管理はできません。
一つでももてあましているのに…

続きを読む "使用方法の変更"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月25日 (木曜日)

真夜中の激痛 4

レントゲンでは見ることのできないこともMRIならば判るということで、痛み止めを10日間ほど飲み続けた後で、やっと検査の日を迎えました。

MRIとは磁気共鳴診断のことであります。(だからいったい何なんだという方は、サーチエンジンでMRIを検索すれば詳しいページはいくらでもあるので興味のある方はどうぞ。ここでは、レントゲンよりも詳しく身体の内部の映像が見れるということさえ理解してくれればいいです。)
台の上に固定され、身体だけでなく首も顔も動かないように固定されて、筒状の空間の機械の中へと入れられます。機械の音がうるさいからとヘッドホンまでつけてくれて、音楽が流れています。が、いざMRIの機械が作動を始めるとゴウンゴウンという音がうるさくて音楽なんか全然聞こえなくなります。しばらくすると機械の音がもっと早くゴッゴッゴッという音へと変わります。音がうるさいのは我慢ができますが、腕が痛くて病院に来ているのに、機械に固定されて腕の痛みはますます強くなります。

続きを読む "真夜中の激痛 4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース報道

ニュースでは毎日いろいろな事件、情報を報道しているので私にはいつも一つだけ気に入らない点がある。

それは、話題の切り替えの早さだ。
どれほど悲惨で悲しいニュースを流していても、次の瞬間ニュースはホノボノとした話題に切り替わったりする。
特集ではなくニュースなので切り替えるのは当然だが、悲しいニュースの次にホノボノしたニュースが来た時のあの嘘っぽさはなんなのだろう。

外国で要人暗殺、テロ、死者何人というニュースの後に流れる動物ニュースや教師の痴漢犯罪など。
まるで外国は大変だけど日本はこんなに平和ですよというような順序で流れるニュース。
それは狙ってやっているのだろうか。
悲惨なニュースの後にホノボノとしたニュースで視聴者の心を和ませようとしているのだろうか。
はっきり言って逆効果である。
それとも両者を対比させて、より両者のニュースを印象づけようとしているのだろうか。

この記事は『虹の木  さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1356曲からシャッフル中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月24日 (水曜日)

責任の所在

国民年金のコマーシャルに出ていた江角マキコが実は滞納していたということが発覚してコマーシャルの放映を止めて、ポスターも全て回収してはがすという事態になった。
「きちんと納めれば、きちんともらえる」と言いきっていただけに、彼女はきちんともらえないのだろう。

それだけならば、未納者がいかに多いかという証拠に過ぎないが、このことについてコマーシャルに起用した社会保険庁が調べなかったのが悪いと民主党が国会で参考人招致を求めているらしい。
そんなことやってるから与党になれないんだ。もっと大切なことがたくさんあるだろうと誰か言ってやる人はいないのでしょうか。
制度そのものの問題をもっと考えてもらいたいものです。

この記事は『夢百合草  さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1351曲からシャッフル中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊検索ワード 9

今週はキーワードが6つ重なっていたから、第16位からの発表です。
さすがに順位も下がってくると漫画以外の検索ワードが目立ってきます。

第16位 ふなつ一輝
第17位 なんと孫六
第18位 GANTZ
第19位 人生の楽園
第20位 シャドウスキル

続きを読む "週刊検索ワード 9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月21日 (日曜日)

真夜中の激痛 3

さて、地元の病院では原因不明の私の右腕の痛み。
紹介状を書いてもらって、大きな総合病院へと来たのですが、さすがは総合病院です。患者の数が多いです。多すぎます。

受付をして、結局その病院の整形外科の待合室で、じっと自分の名前が呼ばれるのを待ちます。

退屈です。

痛いです。

退屈です。

この待合室にいるのは、付き添いの人がいるにしてもほとんどが診療を受けに来た病人です。私だけが痛いのではなく、むしろ私よりも大きな痛みをかかえじっと我慢している人も中にはいるでしょう。いるはずです。
私だけが痛いのではないのです。
じっと我慢して、自分の順番がくるのを待たなければいけません。

続きを読む "真夜中の激痛 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかりや長介さん死去

20日午後3時30分にお亡くなりになったそうです。享年72歳ということです。
小学生の頃土曜日の夜に見ていた“8時だよ全員集合”や最近ではテレビの俳優になって活躍されていたのですが、本当に残念です。
最近の仕事としては…

続きを読む "いかりや長介さん死去"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月19日 (金曜日)

どちらが先か

最近は讃岐うどんのブームで、広島にも讃岐うどんの店が続々とオープンしている。
これまで食べ物屋の店が続々とオープンしていたのは広島では激辛つけ麺の店であった。
それが、最近のうどんブームでセルフの店のうどん屋が急増したのであります。

同じような店が続々とオープンすれば、同じような店は同じく次々と潰れていく。
はたして激辛つけ麺とうどんの店、どちらが先に潰れ出すのだろうか。

続きを読む "どちらが先か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月18日 (木曜日)

真夜中の激痛 2

寢違い、運動不足から来る神経痛、どちらにしても我慢していればいずれ治るんじゃないかということで、日曜日は一日中湿布と痛み止めの薬を飲んでベットに横たわる。
が、治らない。

日中少し楽になったように思えたが、夜やはり痛みで寢ることが出来ない。
いや、この表現は適当でない。寢ることは出来るのだが、痛みで1時間から2時間寢ると目が覚めるのである。
熟睡できないというのは、つらい。
睡眠時間自体は、普通健康時よりも総て加算すれば上回っているはずであるが、全然眠ったという気がしない。中途半端に眠れるというのも意外とつらいのであるが、寢ている間は痛みを忘れることが出来るので、それはそれで幸せな時間ではある。あるのだが、最期は必ず痛みによって中断されるというのがつらいのである。
深夜寝静まった家の中を痛みをこらえて、体をほぐしながらうろつく。痛みはどのかっこうをしても襲っては来るのだが、腕を上に上げている状態が楽だということがわかった。

続きを読む "真夜中の激痛 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊検索ワード 8

今週の検索ワードは先週との重なりが無しという珍しいことになりました。
ということで、今週は一つ順位を上げて10位より発表します。

第10位 ナルト
第11位 ジパング
第12位 殷周伝説
第13位 以心伝心
第14位 浦沢直樹
第15位 ふたりエッチ

続きを読む "週刊検索ワード 8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月17日 (水曜日)

お誕生日だから

先日は私の誕生日だった。
この年になるとあまり嬉しさはない。
だからどうしたという感じなのだが、誕生日祝いをしてくれるという。

その席で、まずはビールで乾杯と酒を飲まない私にビールをついでくれる。
ついでくれるだけではない、誕生日なんだから普段飲まない私も飲んでも良いんだよと強要してくれる。
果たして本当に祝ってくれるのかと私が疑ったとしても、不思議ではないだろう。
単に自分たちが飲みたい理由にされただけのような気もします。
飲まない、飲みたくないという私に、誕生日なんだから酒を飲めと言うのはやはり間違っていると思います。
まぁ、一応祝ってくれたということで「ありがとう」酔っぱらいたちよ。

この記事は『街をゆく  GOMES THE HITMAN』を聴きながら書きました。(iPod1291曲からシャッフル中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月15日 (月曜日)

真夜中の激痛 1

真夜中に目覚める。
自分の身体から痛みという信号によってたたき起こされる。
震源はどこだ。

私の右肩から肘にかけて猛烈に痛い。
一体私の体に何が起こったというのだろうか。
これまで、真夜中に痛みで目覚めたということは…ある。確かにあるのだが、それは痛みというよりもその予兆で、なんだか足の調子がおかしく筋肉がビクビクと痙攣しだして、そして足がつってしまった。その時の激烈な痛み。
それとは違う。
まさか腕の筋肉がつってしまった?
そんなことは聞いたこともないし、実際にあるのだとしても初めての経験である。おそるおそる痛みの元となる部位を左手で触れてみるが肉はかちかちに固まっておらず、やはりつっているのではないらしい。
室内灯をつけ、時計に目をやると時刻は午前2時をまわったところ。
丑三刻である。
まさか、これは、誰かの呪いなのだろうか。という馬鹿げた考えは一瞬にして痛みにすり替わる。
痛い、とにかく痛い。

続きを読む "真夜中の激痛 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 9日 (火曜日)

週刊検索ワード 7

なななんと、今回は先週と検索ワードが7件も重なっています。
ということでさらに順位を下げて第11位からの発表です。

第11位 ブリーチ
第12位 リーグ・オブ・レジェンド
第13位 焼きたてジャぱん
第15位 珍楽

続きを読む "週刊検索ワード 7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 6日 (土曜日)

掲示板クラッシュ

現在私のサイトで稼働している掲示板は3つ。
無料掲示板が二つと、有料掲示板が一つである。
その中の一つ。毒書以外のことでの書き込み専用としている掲示板『毒書人の部屋』
それが、昨日から書き込みできなくなっている。

続きを読む "掲示板クラッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 5日 (金曜日)

無駄な時間

人と待ち合わせて、待たされている時。
信号待ちをしている時。
寝転がってぼーっとしている時。

無駄な時間、暇な時間を潰す為に読書をするという人がいる。
そういう人に限って、高尚な本低俗な本を分けようとする。高尚な本を読むのは有意義な時間で、低俗な本を読むのは無駄な時間というのである。

彼らにとって、漫画や物語は無駄な時間であり、ビジネス本や純文学啓蒙書などが有意義な読書時間として認められるらしい。
が、しかしである。

続きを読む "無駄な時間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 3日 (水曜日)

週刊検索ワード 6

毎週同じ検索ワードが並ぶのはつまらないので、前週と同じ検索ワードは抜いて順位発表することにしました。
ということで今週の検索ワード10件は以下のようになりました。

第4位 真島ヒロ
第5位 ジパング
第8位 花田少年史
第9位 久保帯人
第11位 ハリウッド的殺人事件

続きを読む "週刊検索ワード 6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »