« 責任の所在 | トップページ | 真夜中の激痛 4 »

2004年3月25日 (木曜日)

ニュース報道

ニュースでは毎日いろいろな事件、情報を報道しているので私にはいつも一つだけ気に入らない点がある。

それは、話題の切り替えの早さだ。
どれほど悲惨で悲しいニュースを流していても、次の瞬間ニュースはホノボノとした話題に切り替わったりする。
特集ではなくニュースなので切り替えるのは当然だが、悲しいニュースの次にホノボノしたニュースが来た時のあの嘘っぽさはなんなのだろう。

外国で要人暗殺、テロ、死者何人というニュースの後に流れる動物ニュースや教師の痴漢犯罪など。
まるで外国は大変だけど日本はこんなに平和ですよというような順序で流れるニュース。
それは狙ってやっているのだろうか。
悲惨なニュースの後にホノボノとしたニュースで視聴者の心を和ませようとしているのだろうか。
はっきり言って逆効果である。
それとも両者を対比させて、より両者のニュースを印象づけようとしているのだろうか。

この記事は『虹の木  さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1356曲からシャッフル中)

|

« 責任の所在 | トップページ | 真夜中の激痛 4 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134856

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース報道:

« 責任の所在 | トップページ | 真夜中の激痛 4 »