« 週刊検索ワード 第10回 | トップページ | 東京見聞録 前編 »

2004年4月16日 (金曜日)

横山光輝さんに二つのニュース

昨日から漫画家横山光輝さんをキーワードにして、多くのひとが私のサイトを訪れている。
おかげで異常なヒット数が記録されてしまった。
一体何が起こったというのだろうか…

一つめは、なんと15日午前6時ごろ火事により作者自身が重態というニュースが15日に流れているからだった。元気に回復してくれればいいのだがと思いつつ他のサイトもチェックしていると、なんと今日のニュースではぼやで全身大やけど重態のまま意識を取り戻すことなく死亡したと16日のニュースに書いてあった。
4月15日午後10時29分享年69歳でお亡くなりになったということである。

思えば、「バビル二世」「鉄人28号」「伊賀の影丸」「三国志」と数々のヒット作名作を描かれていた、最近では「殷周伝説」が毎月発刊され、年齢など関係なく、このまま永遠に描き続けてくれるのだという錯覚をしていたようだ。
死というものは人生に付き物なのだが、尊敬する人には眠りの中で安らかに死んでいってもらいたいと思うのも人情である。改めて、尊敬の念を記憶に留め、追悼したい。
横山光輝さん、これまで本当にありがとうございました。

もうひとつのニュースは氏の未発表原稿がオークションに出されて1000万円以上の高値を付けたというニュースだ。雑誌コミック化されていない、個人的にあげた原稿だからということだが、あげたものだからどうしてもいいが不愉快であると本人はおっしゃっていたらしい。死の直前のこの不愉快な思いを抱いたまま死亡したかと思うと、残念でならない。
未発表に加え、作者本人の死亡という事態で、更に値段の急騰という事態になるかもしれないが、今は自粛して作者の死を金儲けに利用するのはやめて欲しいと切に願うものであります。

この記事は『But Not For Me Diana Krall』を聴きながら書きました。(iPod1433曲からシャッフル中)

|

« 週刊検索ワード 第10回 | トップページ | 東京見聞録 前編 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134868

この記事へのトラックバック一覧です: 横山光輝さんに二つのニュース:

« 週刊検索ワード 第10回 | トップページ | 東京見聞録 前編 »