« 横山光輝さんに二つのニュース | トップページ | 島田荘司展 »

2004年4月19日 (月曜日)

東京見聞録 前編

ビジネスモデル特許というものを申請するために東京へと行ってきました。
その特許がお金になるかどうかはわかりません。
それはそれとして、そんなこともしても良いかなと思ったわけです。それがどうなるかはまた別の話です。

特許庁の場所をネットで確認したのですが、丸ノ内線国会議事堂駅で降りて徒歩数分と書いてありましたので、なにも疑うことなく新幹線で広島から東京駅に到着後、JRの路線図で国会議事堂前駅を探します。
見あたりません。
丸ノ内線と言えば環状線という知識程度なので東京の駅事情なんて私が知るはずもありません。
ありません。
どう見てもありません。
ネット上で私が見た地図は間違いだったのでしょうか。
そんなはずはない、しかし、いくら見回しても【国会議事堂前駅】はありません。
わざわざ東京まで出てきて駅がないから行けないなんて、そんな馬鹿な。
特許庁は姿を隠す方法で特許を取っているとでもいうのでしょうか。

とりあえず本屋に行って、東京の地図を見てみることにしました。と、本屋の入り口に東京のラーメンガイドの本が置いてあります。そうか、東京の地図だけのものを買わなくても、このラーメンガイドの本にも東京の地図があるではないですか。
これは、もう、美味しいラーメンを食べるためにも買わなくてはなりますまい。
ということで、東京ラーメンガイドの地図で特許庁を探すことにすると、見つかりました。
どうやら、丸ノ内線は丸ノ内線でも、地下鉄丸ノ内線に乗らなければならないということのようです。
で、地下鉄丸ノ内線ってどこから乗るんでしょうか。
東京駅の構内を歩き回ってみましたが、いったいどこに地下鉄丸ノ内線に行くホームがあるのか案内板がありません。なんて田舎ものに不親切な街なんでしょうか。
こうなれば、私にも意地があります。絶対に駅員に聞いてやるもんかという気になって、さらに探し回ります。
探し回ります、駅広すぎます。
疲れて、もう一度地図をよーく見てみます。
地図で見ると東京駅って結構大きいですね。
目指す特許庁までは東京駅を1単位とすると…
10倍するまでもない距離ではありませんか。
近い。
地下鉄丸ノ内線を探し回っている間に歩いていけば、もう、辿り着いていたような距離です。
ということで、地図を見てみると、警視庁国会議事堂の近くを歩いていけば辿り着けるようです。

歩いて特許庁まで行くことに決定です。
普段地元でも歩かずに車で移動する男が、東京の街を歩くことにしました。
果たして無事に辿り着けたのでしょうか…

この記事は『Wind's Hug 渡辺貞夫』を聴きながら書きました。(iPod1433曲からシャッフル中)

|

« 横山光輝さんに二つのニュース | トップページ | 島田荘司展 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134869

この記事へのトラックバック一覧です: 東京見聞録 前編:

« 横山光輝さんに二つのニュース | トップページ | 島田荘司展 »