« ちょっと罪悪感 | トップページ | 週刊検索ワード 第10回 »

2004年4月 7日 (水曜日)

ええじゃん広島

ブログ人で日本沈没地図というのがあったので、私も参加してみることにしました。
皆さんの県はどうですか、沈没していませんか?

「ほいじゃけえ広島」「広島じゃけんのう」とかいろいろと適当に書いてみても良いのが浮かんできません。
いろいろと考えて一番語呂が良さそうだと思ったのが「ええじゃん広島」…
でも、これって今ファミリーマートでやっているキャンペーンのパクリですよね。
平和都市というのが広島の売りなのですが、大学時代他県の人に聞いたところ広島のイメージはと聞くと「仁義なき闘い」の影響で、特に呉はヤクザの街として有名でした。

映画と現実は違うということはわかってはいるのでしょうが、実話を元にしたという仁義なき闘いの影響力、ちょっと大きすぎます。
しかも、広島弁はその映画の中の情報を元に思われているので、広島県人特に呉は恐いというイメージを持っていたようです。しかも、しゃべり方がみんなやくざなしゃべり方が通常の街って、どんな街だよ。
って、こんな戯れ言を書いていてそれをもしもヤクザが見ていたら「わりゃぁ、なにカバチたれとんなら」と言われてしまうのでしょうか。
今なら、ファミリーマートの明るいイメージがセットで刷り込まれて良さそうなので、あえてパクリのこの言葉。
「ええじゃん広島」というのがキャッチフレーズでどうでしょうか。

この記事は『Mood Indigo N. Hara and Sharps & Flats』を聴きながら書きました。(iPod1419曲からシャッフル中)

|

« ちょっと罪悪感 | トップページ | 週刊検索ワード 第10回 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134866

この記事へのトラックバック一覧です: ええじゃん広島:

« ちょっと罪悪感 | トップページ | 週刊検索ワード 第10回 »