« 週刊検索ワード 13回 | トップページ | グラフィッカー 前編 »

2004年5月23日 (日曜日)

誰に挨拶してるの?

学生のころ、小さな年齢のときは会う人すべに挨拶して回るのが正しい行為だと思っていた。
「おはようございます」の声は大きいほど良いし、道行く人に登下校挨拶するのは当たり前の行為だと思っていた。
しかし…

社会人になっても挨拶はする。するのだが、何かそこには打算的なものがあるように思われるのは私だけだろうか。
仕事上「お世話になります」という挨拶はよくするのだが、心の中ではお前の世話になんかなってねぇよと思うことも多いし、にこやかに挨拶をしつつ、にこやかに会談しつつ、裏では仕事の取り合いである。
特に最近はこれまでよりも仕事の総量が減っているので、安さを競い、接待をシト裏側に回る行為がこれまでよりも熾烈になってきているのである。
知らないような人でも、にこやかに挨拶するというのはもはや仕事をする上での第二の習性になりつつある。本当に心からにこやかに挨拶するという行為が少なくなってきているのが悲しいところである。

さて、先日のことである。
電報配達専用車が対向車線を走っていた。こんなのがあるんだ、と珍しく思って渋滞の中その車をしげしげと眺めていると、自分を見られていると勘違いしたのだろう。
運転席に座っている男性が、にこやかに頭を下げて挨拶してきた。
おそらく見覚えはないが、仕事上付き合いがるのかもしれないと頭を下げたのだろう、なんだか少し切なくなって私も頭を下げた。
知らない人同士がにこやかに挨拶を交わす、これが本当の挨拶のような気がした。
少なくとも、知っているけど裏での感情を押し隠してにこやかに挨拶を交わすよりも数段すがすがしい気持ちだった。

この記事は『And The Angels Sing  Benny Goodman & His Orchestra』を聴きながら書きました。(iPod1450曲からシャッフル中)

|

« 週刊検索ワード 13回 | トップページ | グラフィッカー 前編 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134879

この記事へのトラックバック一覧です: 誰に挨拶してるの?:

« 週刊検索ワード 13回 | トップページ | グラフィッカー 前編 »