« 東京見聞録 後編 | トップページ | サボりの報い »

2004年5月 8日 (土曜日)

以前は自宅から歩いて10秒の場所に駐車場があったのですが、不景気なので駐車場の代金も節約することにしてただの駐車場に置くことにしました。
というわけで、最近は駐車場まで歩いて5分。

さらに勤務先まで車で3分って、全部歩けよと言われそうですが、仕事で車に乗って出ることが多いのでそういうわけにもいきません。
さて、夜遅くに帰ってくると駐車場から車まで歩いて帰宅するわけですが、その道中に一ヶ所どうしても慣れない場所があります。
それは、センサー付きのライトを玄関に設置してある家です。私が帰宅するときに家の前を通りかかるだけでぱっと電気が点灯して突然の明るさに驚いてしまうわけです。もちろん泥棒対策も含めてのことでしょうし、本人が帰宅したときに玄関を明るくということなのでしょうが、通行人がとおる度にその家にも用事がないのに点灯しては通行人には迷惑です。

というか、私にとって迷惑なのです。
何が迷惑ってその明かりに驚いて道の反対側によると、そこには大型犬が待ちかまえているわけです。
ぱっとライトに驚いて道の反対側に行くと大型犬にワンワン吠えられて、明かりでびっくり鳴き声でびっくりとなるわけです。まさに泥棒対策なのかもしれませんが、泥棒でもないのにこの罠に帰宅途中に何度も引っかかると、本当にイヤになります。
しかも、その犬が大型の警察犬の訓練も受けているというドーベルマンって、咬まれたら絶対に訴えてやる!

この記事は『ヴィーナス誕生 coba』を聴きながら書きました。(iPod1440曲からシャッフル中)

|

« 東京見聞録 後編 | トップページ | サボりの報い »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134874

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 東京見聞録 後編 | トップページ | サボりの報い »