« WinXP SP2 後編 | トップページ | いつのまにか… »

2004年10月 9日 (土曜日)

続 WinXP SP2

さて、今度はもう1台事務所のパソコンがアップデートさえできなくなりました。
いろいろと試してみたのですが、ダメです。
さて、またまたサポートセンターの出番です。こんなに各パソコンに不具合でまくりのアップデートって本当に良くなっているのか疑問ですが、マイクロソフトだから仕方ないかという気持ちです。
寛容の心などではなく、あきらめの、バグがあって当たり前という、バグあってのマイクロソフト、バグも含めてこの金額というやけくその心です。
例によって数十分待たされた挙句、サポートセンターに繋がります。

もう、なれたものです。「こうこうこういった経緯でアップデートが正常にできないのですがどうすればいいのでしょうか」
例によって、ああしてくださいこうしてくださいとサポートセンターのおっしゃるとおりの操作をした末、今回は以前にアップデートしたソフトが正常にインストールされていなかったことが原因だとおっしゃいます。だから、以前の製品をアンインストールして、もう一度インストールすれば今回のアップデートはうまくいくとおっしゃいます。
早速、プログラムの追加と削除から該当のソフトを選んで削除。



フリ-----ズです。ファイルアクセスすらしていません。完全に静止状態です。アンインストールすることすらできません。これはもうレジストリを書き換えるしかないので削除方法を書いたものをメールとFAXで送ってくれるということになりました。
ファックスが届きました。
レジストリを操作するので警告文がついています。

警告:レジストリエディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、OSの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリエディタの御用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリエディタは自己の責任においてご使用ください。

ですって、おいおい、そのレジストリを書き換えなくちゃ治らないバグを平気で作ったマイクロソフトには一切責任なしかよ。
後から聞いた話によると、レジストリの操作に責任を負わないようにするため、レジストリの操作に関しては電話によるサポートは一切せず文章で送付して、何か起こったらすべてユーザーの責任になるとか…

ま、仕方ありません。マイクロソフトの陰謀に負けた自分を恨むしかないのです。いまさらマックにしときゃよかったとかいっても、どうしようもありません。
さて、早速取り掛かることにしましょう。
手順1 プログラムの追加と削除にエントリがある場合は、そのプログラムを削除します。


それができないからサポートに電話したのに…

また、どうやらサポートセンターに電話する必要があるようです。

この記事は『Waltz For Debby  Bill Evans』を聴きながら書きました。(iPod1482曲からシャッフル中)

|

« WinXP SP2 後編 | トップページ | いつのまにか… »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134898

この記事へのトラックバック一覧です: 続 WinXP SP2:

« WinXP SP2 後編 | トップページ | いつのまにか… »