« 危険な運転 | トップページ | 統一してくれ »

2005年4月 2日 (土曜日)

夢は大きく

先日から会社で職業安定所に求人を掲載している。
その求人情報を見て、ぼちぼち都費とが面接にやってくる。その中の条件としてある程度パソコンを使える人というのを条件に入れているのだが、明確な基準でないのでいろいろな人が来る。
少し前に来た人は、ワープロは打ったことがありますと言っていたが、よく聞くとワープロ専用機で昔打っていただけで、しかも出来合いの様式に請求書のための数字を打ち込んでいただけということが判明。
遠慮していただきました。

また、先日のこと、面接に来る人が職歴欄に書くことないんだけどいいでしょうか、と言います。
まぁ、いろいろな事情があるのでしょうから、一応面接に来てくださいというと、Y君がやってきました。

Y君は見た目実直そうな青年です。
パソコンの経験について聞いてみると、
「エクセルは使ったことはあるけど、表計算は使ったことがありません」と、堂々と言うあたり、パソコンのことは全然期待しない方が良さそうです。
それでは営業で頑張ってもらえるかと、初対面の人との人付き合いについて聞いてみると、
「これまでコンビニで接客していたから大丈夫です」
職歴無しですというのにはアルバイトは入っていなかったのですね。それ以前に職歴がない理由は実家の農家の手伝いをしていたと言う言葉はいったいどこへ…
聞けば聞くほど、矛盾点が現れます。
ゆくゆくはこの会社で動画配信のことを学びたいというY君。そんなことこの会社ではやっていませんから。
夢は大きいですが、その夢を実現させるために来るなら、もっと違う会社を選ぶべきでしょう。
だいたいに、仕事の内容を1年かけてじっくり覚えたいって、そんな研修制度のある大会社でもないですから。

とりあえず仕事の内容を話して、それでも仕事をやる気があるなら一度試験期間としてきてくださいと言って帰っていただくことにしました。

というわけで、2日後、Y君から電話がありました。
仕事のスキルがないので、やっぱり働くのをやめるとのことでした。

で、履歴書を返却したいと言ったのですが、忙しくて取りによる暇がないのだそうです。
車で10分かからない距離なのに…

職業安定所からお金をもらうために期限内にいくつかの企業で面接を受ける必要があり、そのための面接というのが明らかにわかる人が多すぎます。
結局うちの会社の人間で職業安定所から来た人は今のところ一人もいません。
果たして職業安定所に出した求人は役に立つことがあるのか、疑問です。というか、非常に疑わしいです。

この記事は『チャンス  さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1496曲からシャッフル中)

|

« 危険な運転 | トップページ | 統一してくれ »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134912

この記事へのトラックバック一覧です: 夢は大きく:

« 危険な運転 | トップページ | 統一してくれ »