« そうめん | トップページ | 天ぷら »

2005年8月 5日 (金曜日)

お腹の中にあるモノ

ここ2ヵ月間の間、毎日のように体重と体脂肪率のチェックをしている。
365日のマーチのごとく、「三歩進んで二歩下がる♪」のではなく「三日増えては一日どっと下がる」のがこれまでよくあるパターンの体重状態だが、どうしてそうなるのかの理由がはっきりと分かった。

その理由とは、尾籠な話(汚いので食事中に読むのはおやめください)になるのだが…

大便である。
毎朝、大便をするという習慣の人もいるし、毎晩する人もいる。
私の場合、少し便秘気味なので数日に一度が大便の日になるのだが、そのときは当然のことながら数日まとめて出すことになる。
だから、出した日の翌日には一気に体重が減るということになる。
毎日定期的に大便をする人なら、体重の増減はもっとはっきりと分かるのだろうが、私の場合乱降下である。
と、ここまで考えて気づいたのだが、体重が一気に減るほどの大便をするということは、それだけのう○こを腹の中に抱えて歩いているということになる。
うーーん、我ながらいやな想像をしてしまった。
あの量のモノが腹の中に入っている。


出来るだけ毎日したほうが、身体の健康だけでなく心の健康にいいかもしれないと思いました。

この記事は『Amigo  Gipsy Kings』を聴きながら書きました。(iPod1522曲からシャッフル中)

|

« そうめん | トップページ | 天ぷら »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134924

この記事へのトラックバック一覧です: お腹の中にあるモノ:

« そうめん | トップページ | 天ぷら »