« アクセスアップに向けて | トップページ | アクセスアップに向けて その2 »

2005年11月17日 (木曜日)

買い占めしてるって本当ですか

とうとう朝の温度が10℃を切ってしまいました。
寒い。
布団から出るのがイヤになります。
去年に引き続き、自室でいつまで暖房無しで過ごせるかに挑戦中です。

去年は相対した風邪もひかずに過ごせましたが、薬剤師のO氏によると今年はインフルエンザの新型が流行るらしいです。
しかも、今まで出回ったことがない新種のインフルエンザでそれに効くであろう薬「タミフル」が手に入らないのだとか…
彼の薬局にも20人分の薬のストックさえないのだそうです。

おいおい、これでホントにインフルエンザが流行りだしたらどうなるんだよ。
作るのが難しい薬というわけでもなく、大量の死者が出るのに備えて国立病院や県病院がまず薬を買い占めているというのです。
国が買い占めているから民間業者に回せる薬がないという、非常事態なのだとか。
っていうことは、田舎の病院に行く人には死ねというわけですか。
国の病院が持とうが、民間の病院が持とうが、薬の全体量に変わりはありません。
だったら、全体に公平に薬を配布して欲しいけど、そういう意味の公平さはこの国にはないのかもしれませんね。

国がどれだけ備蓄するかというのは、国の方針でしょうが、それでも死者が多数出る備蓄量って備蓄した数量はどこに消えちゃうんでしょうか。

とにかく、インフルエンザにかからないように用心するしかありません。
それか、早めにインフルエンザにかかって薬をある内にもらうかですよね。

インフルエンザの新型ウィルスがここまで一〇年以上も入らなかったこと自体が珍しいのだそうで、今年は危ないという大方の予想です。
でも、インフルエンザに効く薬を国が買い占めているという事実が、今年は危ないという予想を更に強めています。
四人に一人がインフルエンザにかかるとすると、死者の予想は17万人から60万人だそうです。

この記事は『Bamboleo Gipsy Kings』を聴きながら書きました。(iPod1571曲からシャッフル中)

|

« アクセスアップに向けて | トップページ | アクセスアップに向けて その2 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134937

この記事へのトラックバック一覧です: 買い占めしてるって本当ですか:

« アクセスアップに向けて | トップページ | アクセスアップに向けて その2 »