« シュリンプマニアックスについて その2 | トップページ | 「マジで」というのは誰か? »

2005年11月16日 (水曜日)

靴下を履くのは

今まで、気をつけて意識したことはないけど、思い出してみると、私は右足からです。
というわけで、ブログ人のトラ場にトラックバックです。

靴下というと、最近では毎日履いていますが、学生時代は靴下を履くのが嫌いでした。
いつごろからか、靴下を毎朝履くのが習慣となりましたが、靴下を履くのがイヤでイヤでたまらなかった時代があります。
だいたい、足がむれるじゃないですか。
冬寒いときは防寒のためですが、夏暑いときにも靴下を履くというのはどうなんでしょうか。
靴の中で汗をかき、その汗を靴下が吸って、汗と汚れで靴の中はむれ、靴下からは異臭が…

更には、雨の日の濡れた靴下の気色悪いこと。
裸足で過ごすのが一番だとずっと思ってました。
それなのに今では、自宅では裸足で過ごしますが、靴下を履いているときも違和感が無くなりました。

それはそれとして…

いろいろと書きましたが、最初のトラ場の話題に戻ると、おそらく右利きだから右からなんじゃない?
と思ったのですが、トラ場の今の状況を見ると左から履く人が多いです。
ということは、左利きが多いということになりますが、どう考えても人工全体でいうと右利きの方が多いと思います。
つまり、右利き左利きで靴下の履く順序が決まるとするなら、トラ場をする人には左利きが多い。
つまり、ブログをしている人は左利きが多いということで、世の中の大半の右利きの人はブログをしていないってことに…

ま、いい加減な推論ですけど。

この記事は『償い さだまさし』を聴きながら書きました。(iPod1571曲からシャッフル中)

|

« シュリンプマニアックスについて その2 | トップページ | 「マジで」というのは誰か? »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134935

この記事へのトラックバック一覧です: 靴下を履くのは:

« シュリンプマニアックスについて その2 | トップページ | 「マジで」というのは誰か? »