« テレビが始まるからねぇ | トップページ | ホームページビルダー10 »

2005年12月 2日 (金曜日)

毛のある場所

寒くなってきたので、会社の事務所から見る通勤者の人たちの姿も冬になっています。
ファーがたっぷりのもわもわの首筋は、温かそうです。
首の回りにたっぷりの毛。
温かそうだけど、見た目ものすごい違和感が…

どれくらい違和感があるかというと、眞鍋かをりのココだけの話のこの写真よりも違和感があるような気が…

首の回りは毛があるのに、頭髪は無し。
違和感の正体は、毛の位置なのですよ。
毛のあるべき部分になく、無い部分に毛がたっぷりというのは、見ていて違和感ありすぎです。
おまえの毛はそこに移したのかよ、と思わず室内から外につっこんでしまいました。

まだ、何かに仮装してくれる方がほのぼのします。

というわけで、本日の一句
寒さから 守る毛はあり 人の毛は無し

って、ハゲでなく剃っているのだから、本人は格好いいと思ってるんでしょうね。

この記事は『小さな手 さだまさし』iPod1114曲からシャッフル中

|

« テレビが始まるからねぇ | トップページ | ホームページビルダー10 »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1134943

この記事へのトラックバック一覧です: 毛のある場所:

« テレビが始まるからねぇ | トップページ | ホームページビルダー10 »