« スパムトラックバック | トップページ | どんな話題なんだか »

2006年4月 3日 (月曜日)

寿命

人の寿命について考えてみた。

病気で死にかけている人もいれば、ある日突然の交通事故で亡くなる人もいる。
朝、眠るように死んでいる人もいれば、体中に生命維持装置をつけて生きている人もいる。

どちらが幸せなのだろうか。
私はどちらが幸せなのだろうかと考えると、突然死んだ方が良いのかなと思ったり、自分がいつ死ぬとわかった方が良いと考えたり、ただ、どちらにしても意識をなくしたままの延命治療、特に回復の見込みのない延命治療だけは早めにやめてほしいと考えている。

死んだその時までが寿命なのだとしたら、寿命は長いようで短く短いようで長い。

祖母の容態が悪化して、医者に昨日宣告された。

「今晩持つかどうか、よく持って翌朝まででしょう。」
翌朝、祖母はまだ生きている、肝機能も腎機能も停止して、心臓の機能も低下したがまだ生きている。
悪いことは当たるとよく言うが、医者の予想は外れた。

祖母が生きるのをあきらめたときに寿命が来るのではないだろうかと、ふと考えた。

今日の記事は『静かな場所  小田和正』を聴きながら書きました(iPodで2413曲からシャッフル中)

|

« スパムトラックバック | トップページ | どんな話題なんだか »

「毒書人のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1261389

この記事へのトラックバック一覧です: 寿命:

» 延命治療 [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「延命治療」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年4月3日収集分= *うめの日常:安楽... [続きを読む]

受信: 2006年4月 4日 (火曜日) 07時37分

« スパムトラックバック | トップページ | どんな話題なんだか »