« 今日から連休 | トップページ | 賭博堕天録カイジ(6) 福本伸行 »

2006年5月 3日 (水曜日)

ピアノの森(12) 一色まこと

オンライン書店ビーケーワン:ピアノの森 12

ピアノコンクールの審査の壁に阻まれて一ノ瀬海はまたしても、コンクールの優勝を逃すが、ソリスト賞を受賞し、M響とオーケストラでの競演を果たす。 そして、世界へ。 世界的なピアニスト・セロー氏と阿字野のバックアップを得て、因縁のショパンコンクールへの出場へと動き出す。 一方、それを知った雨宮は…


この本この台詞
「コンサートマスター・ここで逃げるのは得策ではないよ」
という、セロー氏の一言で、JJセローが気に入りました。海のピアノのすごさを理解してくれる人がまた一人。
いよいよ世界を舞台にピアノ演奏ですが、音はなくても、ピアノを聴きたくなってきますね。

この記事は『もらい泣き 一青窈』を聴きながら書きました。(iPod3434曲からシャッフル中)

|

« 今日から連休 | トップページ | 賭博堕天録カイジ(6) 福本伸行 »

「毒書感想 マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/1611756

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの森(12) 一色まこと:

« 今日から連休 | トップページ | 賭博堕天録カイジ(6) 福本伸行 »