« 第161回 帝都東京もう一つの顔 | トップページ | 先週読んだ本は »

2008年4月10日 (木曜日)

第162回 明治十七年で終わることができるのか?

まだそんなに大長編でもないのにまた巻数が1巻から始まるというのは、出版社の狙いはあるにしても良いことだとは思わないのですが、どうなのでしょうか。

九十九眠るしずめ 明治十七年編 1 (1) (KCデラックス)

買ったきっかけ:
続けて買ってますから

感想:
1巻からまた始めた意味がわからない

おすすめポイント:
幕末妖怪ものは多数ありますが、その中でも良いのではないでしょうか

九十九眠るしずめ 明治十七年編 1 (1) (KCデラックス)

著者:高田 裕三

九十九眠るしずめ 明治十七年編 1 (1) (KCデラックス)

|

« 第161回 帝都東京もう一つの顔 | トップページ | 先週読んだ本は »

「コミックセブン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65209/20216027

この記事へのトラックバック一覧です: 第162回 明治十七年で終わることができるのか?:

« 第161回 帝都東京もう一つの顔 | トップページ | 先週読んだ本は »